東陽会トップページ > 地域連携室

東病院

地域連携室

地域連携室とは

地域連携室とは、地域に根ざした医療・介護・保健・福祉のネットワークづくりを目指し、地域の病院・クリニック・介護施設との連携を促進するとともに、患者様によりよい医療を提供することを目的としています。

連携室の役割図

地域連携室の役割

 当法人は、急性期治療や検査はもとより、他の急性期病院などで手術や治療を終え、引き続き治療やリハビリが必要な患者さん(ポストアキュート)や、地域のクリニックなどの先生方からの相談(サブアキュート)を受け入れている病院です(病床63床)。さらに退院後、介護保険でリハビリを継続して行っていく介護老人保健施設(入所50床、通所リハビリ)を併設しております。

 地域連携室は、切れ目のない医療・看護・介護サービスが提供できるよう支援・調整し、円滑な地域医療連携が行える様に努めています。

地域連携室

地域連携室 室長挨拶

 

 

 

 

連携室室長

 

地域連携室 室長

手石方(ていしかた)

当法人では、病診連携をスムーズに行うために地域連携室を設置しております。

地域の医療機関の先生方からの入院依頼や転院依頼に対し、医師・病棟との調整をし、迅速に対応することを心がけております。

また、地域と連携しながら様々な相談支援業務を行っています。社会福祉を専門とした知識をもった相談員が療養・生活上、お困りになっていることなどのあらゆる相談を承っております。医療保険の各種制度、介護保険サービスや入院・入所中、退院・退所後の生活に関するご相談など、お気軽にお申しください。患者様が毎日を安心して過ごしていただけるよう、総合的にサポートしていきます。

 

地域連携室の業務内容

  • 入退院、入退所支援・調整(在宅療養、転院、施設入所など)
  • 各種社会福祉制度(介護保険・施設入所・介護サービス等)に関する相談
  • その他の医療・看護・介護相談
  • 経済的・心理的・社会的問題解決への支援
  • その他、お気軽にご相談下さい。

 ・退院後の生活に不安がある

 ・医療費の支払いや今後の生活に不安がある

 ・家族との生活に不安がある

 ・福祉サービスを利用したい

 ・介護保険について知りたい

 ・通所リハビリを利用したい …等々

 

地域連携室 スタッフ

地域連携室

東病院  手石方 本田

田迎ケアセンター 福田 村上

4名の社会福祉士で運営しております。

診療担当表

リハビリテーションセンター

人間ドックのご案内

予防接種のご案内

医療法人社団 東陽会 東病院

(096) 378-2222

〒862-0963
熊本県熊本市南区出仲間5-2-2

交通案内

老人保健施設 田迎ケアセンター

居宅介護支援事業所 田迎ケアセンター